2011年11月09日

サクリファイス

『サクリファイス』 近藤史恵

うらがき

ぼくに与えられた使命、それは勝利のためにエースに尽くすこと。
陸上選手から自転車競技に転じた白石誓は、プロのロードレースチームに所属し、各地を転戦していた。
そしてヨーロッパ遠征中、悲劇に遭遇する。
アシストとしてのプライド、ライバルたちとの駆け引き。
かつての恋人との再会、胸に刻印された死。
青春小説とサスペンスが奇跡的な融合を遂げた!
大藪春彦賞受賞作。

サクリファイスとは、生贄のことです。

私も、意味がわからなくてググリましたので、間違いないはずです。

しかし、意味がわかるとなるほど☆ですね。

ネタバレしちゃうとダメなんであんまり書きませんが

一つの意味として、主人公のチーム内でのポジションの事を言っているのでしょうね。

ロードレースはチーム戦です。

しかし勝てるのは一人。

チームの誰かがトップでゴールをすれば、いいわけです。

そこで、各々にレースでの役割が与えられます。

まずは、エース。

エースは最終的にトップでゴールする役で、チームで一番速い選手が選ばれます。

そして、アシスト。

アシストはその力の全てをエースを勝たせるために使います。

時にエースの風よけとなり、山岳を牽き、相手チームのアタックを潰します。

主人公はこのアシストです。

しかし、練習中に自分の中に眠る才能を見つけ、成長していきます。

ロードレースでの戦いや駆け引きも非常に面白いが、サスペンス的な要素はさらに面白い。

自転車と事件を組み合わせた作者の発想に敬服です☆


☆作者別読書一覧へ

ランキング参加中です。よかったらクリックしてください☆
人気ブログランキングへ
posted by ももんが一郎 at 01:05| Comment(4) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。