2011年11月11日

探偵ガリレオ

『探偵ガリレオ』 東野圭吾

うらがき

突然、燃え上がった若者の頭、心臓だけ腐った男の死体、池に浮んだデスマスク、幽体離脱した少年…警視庁捜査一課の草薙俊平が、説明のつかない難事件にぶつかったとき、必ず訪ねる友人がいる。
帝都大学理工学部物理学科助教授・湯川学。
常識を超えた謎に天才科学者が挑む、連作ミステリーのシリーズ第一作。

湯川教授の活躍する、探偵ガリレオシリーズ一作目です。

私、最近東野圭吾さんの本をたくさん呼んでますが、一番最初に読んだのはこの『探偵ガリレオ』でした。

テレビでやってたのを見て、面白そうだなーと思って小説を購入したのです。

この本は、5話の短編集となっております。

心臓だけが腐る、突然頭が燃え上がる等、うらがきを見ただけでもそそる〜☆

このような、自然では起こりえない現象を、天才物理学者が科学で解き明かす、ガリレオシリーズ。

短編集なので読みやすいですよ☆


☆作者別読書一覧へ

ランキング参加中です。よかったらクリックしてください☆
人気ブログランキングへ
posted by ももんが一郎 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。