2011年09月25日

医龍

本日のブログを書くために、少しだけ医龍の本を読もうと思ったのが昨日の21時頃でした。

そして、まさかの全巻一気読みで現在午前1時過ぎ…

おもしろさがわかっていただけたのではないでしょうか?

では、おやすみなさい☆






天才外科医 朝田龍太郎を中心とした大学病院での物語です。

大学病院を題材とした話なのですが、登場人物の様々な想いが交錯するヒューマンドラマとしての色がとても強く描かれています。

もちろん、医療に関してもしっかりと描かれており、病気に対する知識も得ることができます。

ちなみに、両側気胸に対する処置は『日本酒で消毒したボールペンを側胸部に刺す』(絶対マネしないでね☆)です。


とても美しい話で、全てを読み終えた今は素晴らしい爽快感に包まれています。

ランキング参加中です。よかったらクリックしてください☆
人気ブログランキングへ
ラベル:マンガ 医療 医龍
posted by ももんが一郎 at 01:55| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。