2011年11月04日

天使の耳

『天使の耳』東野圭吾

うらがき

深夜の交差点で衝突事故が発生。
信号を無視したのはどちらの車か!?
死んだドライバーの妹が同乗していたが、少女は目が不自由だった。
しかし、彼女は交通警察官も経験したことがないような驚くべき方法で兄の正当性と証明した。
日常起こりうる交通事故がもたらす人々の運命の急転を活写した連作ミステリー。
『交通警察の夜』改題

本作は、交通事故を題材にした短編集です。

全部で6つの作品が収録されています。
・天使の耳
・分離帯
・危険な若葉
・通りゃんせ
・捨てないで
・鏡の中で

すらすら読める内容なので、一つ一つのお話は短めに感じるかもしれませんが、内容はとても濃厚なミステリーとなっております。

しかし、交通事故という明日は我が身な内容のお話をいくつも読むと、とても安全運転になっちゃいますね。

そうゆう意味でもオススメな作品です。

個人的には1話目の『天使の耳』が好き☆



☆作者別読書一覧へ

ランキング参加中です。よかったらクリックしてください☆
人気ブログランキングへ
posted by ももんが一郎 at 21:00| Comment(0) | 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。